かつては1ドル360円の固定相場だったのが、米ドルと日本円の為替相場です。変動相場制というものになって、固定相場は今はなくなっています。その通貨の需要と供給に基本的に関係しているのが、為替相場の動きです。たくさんの企業が円売り、円買い、ドル売り、ドル買いを常に行っていますが、円安は、トータルで円を売ってドルを買いたい人がたくさんいればドルは高くなるので進むことになるでしょう。為替レートが円高になると輸入でメリットがあり、輸出でメリットがあるのは円安になったときです。国家経済からすれば極端な円高も円安も良いとはいえず、どちらがいいかとは言えないのです。為替相場の適度なコントロールが、ドル円が円高...
国の指定がない特別にない場合は、アメリカ合衆国のUSドルを指すのが、ドルという通貨単位です。為替取引を貿易や資本などについて行う場合に利用されるのがドルであり、国際決済通貨だといえるでしょう。ドルやユーロとの比較で表されるのが円相場ですが、円の米ドルに対する相対価値で示されています。需要と供給の関係がそれぞれの通貨の間でどうなっているかによってドル円の為替比率が決まります。ドル円の為替相場も、ドルと円の需要と供給のバランスが変われば違ってきます。為替差益を得ることが、日々変わっているドル円のレートを見ながら良いタイミングで売り買いをすることによってできるといいます。銀行間の取引相場のことを指す...
1円に対して交換できる相手通貨の単位数が相対的に高いことを指すのが、円高といいます。分かりやすく言うと、ドル円の為替レートが1ドル90円の場合と1ドル100円の場合とでは、1ドル90円の方が円高になります。中には円高と表現することに対して、為替の額が少ないのになぜかと疑問に思う人もいるでしょう。ですが、同じ為替の円に対してドルをもっとたくさん得ることができるほうが円の価値としては高いという意味なのです。世界には米ドルの他にもユーロやポンドなど、通貨は国や地域の数だけ存在しています。けれど、ドルという基軸通貨を中心に回っているのが外国為替市場なので、為替はドル円を引き合いに判断することがほとんど...