ドル円の相場について

国の指定がない特別にない場合は、アメリカ合衆国のUSドルを指すのが、ドルという通貨単位です。
為替取引を貿易や資本などについて行う場合に利用されるのがドルであり、
国際決済通貨だといえるでしょう。

 

ドルやユーロとの比較で表されるのが円相場ですが、
円の米ドルに対する相対価値で示されています。

 

需要と供給の関係がそれぞれの通貨の間で
どうなっているかによってドル円の為替比率が決まります。

 

ドル円の為替相場も、ドルと円の需要と供給のバランスが変われば違ってきます。

 

為替差益を得ることが、日々変わっているドル円のレートを
見ながら良いタイミングで売り買いをすることによってできるといいます。

 

銀行間の取引相場のことを指すのが、テレビやニュースで出る円相場です。

 

各銀行やFX会社が相場を基本として決定した為替レートに基づいて決められるのが、
ドル円の交換比率というものです。

 

掛け算あるいは割り算をして、
為替レートからドル円の計算をすることになります。

 

円をドルに直す場合は、円を為替レートで割り、
ドルを円に直す場合は、為替レートにドルを掛ければ簡単です。

 

ドルに対して円の価値が最近では相対的に上昇しており
円高の傾向にありましたが、
やや円安傾向にここ数ヶ月は戻りつつあります。

 

ドルが中心で外貨準備といえば進められてきましたが、
為替相場でドル円では円の存在感も大きくなっており、
増して最近は円を準備通貨とすることも多くなっています。

関連ページ

為替相場での円高とドル円とは?
為替相場での円高とドル円について。円高の意味は分かっていますね?復習も含め確認しましょう。
ドル円の為替相場での変動要因とは?
ドル円の為替相場での変動要因とは?なかなか初心者のうちには考えられないと思いますが、一つずつでもしっかり覚えていくことが必要いです。