ドル円の為替相場での変動要因とは?

かつては1ドル360円の固定相場だったのが、
米ドルと日本円の為替相場です。

 

変動相場制というものになって、
固定相場は今はなくなっています。

 

その通貨の需要と供給に基本的に関係しているのが、
為替相場の動きです。

 

たくさんの企業が円売り、円買い、ドル売り、ドル買いを常に行っていますが、
円安は、トータルで円を売ってドルを買いたい人がたくさんいれば
ドルは高くなるので進むことになるでしょう。

 

為替レートが円高になると輸入でメリットがあり、
輸出でメリットがあるのは円安になったときです。

 

国家経済からすれば極端な円高も円安も良いとはいえず、
どちらがいいかとは言えないのです。

 

為替相場の適度なコントロールが、
ドル円が円高や円安に極端に傾いた場合には政府の介入という形で行われます。

 

日本銀行の円買い介入や、
通貨政策などが、政府の介入としてよく行われます。

 

為替変動がドル円で起こる要因には、
政府介入のような政策的要因のほか、
需給関係や経済的要因もあります。

 

ということは、各国の貿易収支、経済成長率、雇用統計、物価などの情報が、
ドル円の動きを予測する場合には重要になってきます。

 

ドル円相場にはこのほかにも
テロや戦争などがインパクトを与えることがあるようです。

 

ドル円のドルは、
アメリカで政情不安やテロがあれば安くなってしまいました。

 

アメリカドルの需要がどこかの国で戦争が勃発すれば
外国為替市場において高まり、ドル高に動いていきます。

関連ページ

為替相場での円高とドル円とは?
為替相場での円高とドル円について。円高の意味は分かっていますね?復習も含め確認しましょう。
ドル円の相場について
ドル円の相場について考えよう。考えることをやめてしまったら成長がありません。成長していかなくては相場の世界では取り残されてしまします。