FXにおける為替相場とは?

外国為替取引での外貨の交換比率のことを為替相場といいます。
通貨レートや為替レート、単にレートと呼ぶこともあります。

 

それぞれの国の政府や中央銀行が発行し、
その国内で現在流通している貨幣が使われています。

 

相手国の通貨に交換しなければならないのが、国外では使えない、
あるいは使いづらい貨幣ですが、その場合に利用されるのが為替相場の比率です。

 

現在では国境を越える取引をすることは、
貿易や資本移動など頻繁にあるものです。

 

自国の経済に為替相場はかなりインパクトを与えるものだといえます。

 

1ドル100円という表記をしているのが、
日本での為替相場の表記の特徴です。

 

外国通貨1単位に対して、自国の通貨がいくらかを決める考え方で、
自国通貨建てといわれているものです。

 

普通はこの表記を、新聞やテレビのニュースなどで見ることが多いでしょう。

 

日本円の価値が相対的に安いか高いかで、円高になった、
円安になったという表現の仕方が決定します。

 

円の価値が高いことになるのはどちらか考えた場合、
1ドル90円と、1ドル80円では1ドル80円のほうが円高です。

 

円高という表現に円の数字が減っているのになるので、
混乱してしまう場合があるのではないでしょうか。

 

円高に為替相場が推移すると、
低下するのが海外からの原材料や輸入品の価格なので、
その影響によって物価が下がるかもしれません。

 

どのようなことが発生するかわからないので情報は常に
いつでも入手できるようにしていくことが大切です。

関連ページ

外国為替証拠金取引(FX)のポイント
外国為替証拠金取引(FX)のポイントです。FXをしていくことは良いことだと思います。経験も積めるし、経済的にもプラスになることがあります。ポイントを抑えてしっかり勉強しよう。